通信制高校で学びたい!最適な学校を選ぶには?

学校の方針や体制を知ろう

通信制高校にも、全日制や定時制の学校と同じように方針や体制があります。学校によってさまざまなので、それを知ることが大切です。 最適な学校を選ぶポイントを3つお伝えします。 公立と私立で学費に大きな差があります。 公立は3年間で約10万円と学費の負担が少なくなっていますが、私立は3年間で40~100万円になるため金銭的負担がかかります。 一般的に「スクーリング」という、いわゆる登校日です。 月に2~3回、年間およそ20日程度のスクーリングのスケジュールが組まれている学校がたくさんありますが、「集中スクーリング」という合宿のような形で年1回・1週間ほど行われるスクーリングもあります。 基本的に通信制高校では自己学習で進めていきます。 サクサク授業を進める学校もありますが、わからないことを聞きやすいなど学習サポート体制が整った学校もありますよ。

自分に最適な学校を選ぼう

学校によって方針や体制が違いますが、何よりも「自分に合った学校」を見つけなければなりません。 自分の環境や目的を考えて、いろんな学校を比較してみましょう。 通信制高校では、勉強につまづいて卒業が遠のいてしまう人もたくさんいます。 わからないことを質問しやすいなど、学習のサポート体制が万全な学校を選ぶと良いでしょう。 不登校を経験したなどで通学に不安のある人は、通学日数や頻度、距離を考慮しましょう。 集中スクーリングを実施している学校を選ぶ方法もあります。 進学に必要な学習カリキュラムを組める学校があります。過去の大学進学実績なども参考にしてみましょう。 自分の目的に沿った専門的な授業がある学校を選びましょう。高校卒業資格だけでなく、専門的な資格の取得も可能な学校もあります。